NEWS

夢ワークショップ2015<新潟>がTVや新聞のニュースに!

更新日:2015/03/17

3月15日(日)に新潟大学キャンパス内で「夢ワークショップ2015」が行われました。新潟市教育委員会の後援や夢を応援する「学習塾ペガサス新潟坂井輪教室」、地元の子育て応援団「ときっこクラブ」さんの協力のもと無事に開催できました。

フジテレビ系のお昼のニュースや新潟日報でも大きく取り上げていただいてます。反響があるのもとてもうれしい限りです。

11069399_1014504445245379_6631791132056708698_n

 

このイベントは、こどもたちが自分自身の夢を発見したり、より具体的にイメージすることで、一歩踏み出すきっかけをつくって欲しいというもので、2012年から形を変えています。

 

今回は新しい取り組みとして、一つに絞った夢を初めて会う人たちに伝えるフィールドワークも実施。今回、子どもたちから以下の感想をもらっています。

 

Q.最初に夢を聞いてもらうときはどんな気持ちだった?
・緊張した
・恥ずかしかった
・緊張と、わくわくと両方だった
Q.一人目に言った直後は、どんな気持ちだった?
・頑張ってって言ってもらえて、もっと言いたくなった
・頑張ってねと言われて自信が付いた
Q.最後のほう、どんな気持ちだった?
・超楽しかった!もっとやりたい
・自分の夢に自信がついた
・最初は緊張したけど、もっと話したいと思った
・褒めてもらって自信が持てた
・頑張ってねと言われて勇気が出た
Q.24個(以上)シールを張ってもらったってことは、どういうことだろう?
・いろんな人に応援してもらえた
・いろんな人が聞いてくれた

 

ワークを通じて子どもたちの心境の変化と成長を感じることができました。
また、保護者さまからもたくさんの感想をもらいました。

・子どもだけでなく大人もはずかしげなく夢を語ることが大切だと思わせてくれた
・こどもにとっていい刺激になったと思います。周囲の人に認めてもらえて自信につながったと思います。
・知らない人にきいてもらうのが満足でした。
・子どもたちがとても嬉しそうにしていたのでよかった。
・長い時間が我が子には無理かと思っていましたが、しっかりステキな夢を発表してくれて感動しました
・知らない人に能動的、積極的に話しかけることができていて良かった
・子どもがとても笑顔だった、スタッフさんも超笑顔だった
・今回の応募は母の勝手な判断で、子どもからは「なんで、相談なく応募した?」と怒られ、やる気が心配でしたが楽しそうで良かった。

10447160_1014392075256616_5788027993333170154_n

子どもたちの成長を見守り、夢について改めて理解を深めてくださった親御さんたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今後の夢ワークショップは、3/22(日)横浜、3/29(日)京都で開催をします。

ギリギリまでお申し込みを受付けております。
ご興味があれば、ぜひご参加を検討くださいね!

 

夢ワークショップ2015のお申し込みはこちらから>>