NEWS

「なんのために勉強するの?」こどもサミットプロジェクトの役割

更新日:2013/09/15

こどもサミットスタッフ9月研修会を開催しました
~こどもサミットプロジェクトのミッションについて~

13791333775569月14日(土)、9月度のスタッフ研修を行いました。今回は大学生を中心に10名ほどの参加者が集まりました。お忙しいところお集まりいただきありがとうございました。

1379133741623今回はこどもサミットプロジェクトの目的や方向性についてを共有することからはじまりました。熱心にメモを取るみなさんの姿がとても印象的でした。
「なんのために勉強をするのか?」その問いに多くのお子さんが理解することができずにいます。かつての自分たちも同じではなかったでしょうか?大人になってからやりたいことや目標ができたときに、はじめて手を付けるようになり、もっとはやくに勉強しておけば…などと後悔に至ることがあります。子どもたちも同じように、その目的が明確でないと勉強をする意味が見出せません。そこで、こどもサミットプロジェクトが行うのが子どもたちに「夢」の種をまくこと。子どもたちは「夢」を持つことで、勉強がその「夢」につながることがわかるようになります。子どものやる気が芽生えるわけです。

しかし、「夢は何?」「何になりたいの?」「どうなりたいの?」と聞かれても、すぐに答えられる子どもは少なく、「ない」「わからない」など答える子どもが大半となります。子どもたちは現実のしがらみから、選択肢を狭めようとしています。そこで、その枠をとっぱらい子どもたちの夢を引き出すのが、こどもサミットプロジェクトのミッションです。子どもたちには「いいね!」と「拍手」そして笑顔で、子どもたちの主張を承認する空間を作ります。そうすることで、自然と子どもたちも心を開いて夢を語れるようになるのです。

「なんのために?」そんな疑問を子どもたちに自然な形で解消していけるようにこどもサミットプロジェクトは活動しています。また、この活動は世界に向けての開催もかかげています。いずれは、世界中の子どもたちが一堂に集まり自分たちの夢を語れる場所を作りたい!そんな思いもあります。

共感いただける方にはぜひ、このスタッフ研修もしくは10月開催のイベントでご協力をお願いします!